仕事

【エクセル】IF関数を解説!条件式を作りデータ判定【Excel】

 

くりまる
くりまる
こんにちは!くりまるです!

IF関数を解説していきます。

 

IF関数とは

IF関数はデータを判定する関数です。

テストの合否判定などで使えます。

 

IF関数では「>」や「<」などを使います。

意味は以下の通りです。

左は右より大きい
左は右より小さい
>= 左は右以上
<= 左は右以下
左右等しい

 

サンプルデータ

サンプルは以下の通りです。

コピー&ペーストでエクセルに貼り付けて演習できます。

テスト
(点数) 合格(60点以上) 赤点(60点未満)
Aさん 81
Bさん 67
Cさん 54
Dさん 60
Eさん 59
Fさん 78
Gさん 87
Hさん 56

 

合否を付けよう!

テストの点数の合否を付けていきます。

60点以上が合格60点未満が不合格です。

 

まずC3をクリックします。(C3に条件式を入力するため)

 

タブ「数式」→「論理」→「IF」をクリックします。

 

するとIF関数の入力フォームが出てきます。

 

論理式に「B3>=60」と入力します。

真の場合に「合格」、偽の場合に「不合格」を入力します。(””は勝手に付いてきます)

B3が60以上の場合は合格60未満の場合は不合格」という意味です。

この状態でOKを押します。

 

Aさんは合格という判定がでました。

81は60以上なので合っています。

 

C3の式をC10までドラッグします。

すると合否が一瞬で出ます。

 

赤点を判定しよう!

次は赤点を判定します。

赤点は60点未満です。

赤点の場合「赤点」、赤点でない場合空欄という条件式を作ります。

 

まずD3をクリックします。(D3に条件式を入力するため)

 

タブ「数式」→「論理」→「IF」をクリックします。

 

論理式「B3<60」、真の場合「赤点」(””は自然に付いてきます)、偽の場合「“”」を入力します。

B3が60未満の場合は『赤点』、60以上の場合は空欄」という意味です。

この状態でOKを押します。

 

D3は空欄のままです。

81は60より大きいため、空欄で合っています。

 

D3の式をD10までドラッグします。

すると誰が赤点か分かりました。

 

まとめ

くりまる
くりまる
以上、IF関数を解説しました!

 

くりまる
くりまる
最後までご覧いただきありがとうございました!
さつま
さつま
最後までご覧いただきありがとうございました!