仕事

【エクセル】VLOOKUP関数の使い方!エラー(#N/A)が出ない方法【Excel】

 

くりまる
くりまる
こんにちは!くりまるです!

VLOOKUPを解説を解説していきます。

エラー(#N/A)が出ないやり方をご紹介します。

 

VLOOKUP関数とは

VLOOKUP関数はデータを参照する関数です。

たとえば番号を入力するだけで、名前やその他の情報も一緒に表示することができます。

 

サンプルデータ

サンプルは以下の通りです。

コピー&ペーストでエクセルに貼り付けて演習できます。

身体測定
出席番号 名前 性別 身長(cm) 体重(kg) 視力
1 Aさん 167 58 0.4
2 Bさん 156 50 1.5
3 Cさん 154 48 1.2
4 Dさん 178 60 1
5 Eさん 187 72 0.8
6 Fさん 178 68 0.9
7 Gさん 172 82 0.3
8 Hさん 149 45 0.6
9 Iさん 158 47 0.8
10 Jさん 169 60 0.7
11 Kさん 180 74 1
12 Lさん 175 57 1.2
13 Mさん 160 48 1
14 Nさん 152 45 0.6
15 Oさん 157 48 0.7
16 Pさん 159 53 0.8
17 Qさん 186 79 0.9
18 Rさん 155 54 1.2
19 Sさん 168 58 0.6
20 Tさん 164 53 0.7
21 Uさん 172 61 0.8
22 Vさん 157 50 0.9
23 Wさん 163 48 1
24 Xさん 170 55 0.5
25 Yさん 179 81 0.4
26 Zさん 158 47 0.7

 

VLOOKUPで何をする?

くりまる
くりまる
VLOOKUPで何をするのかをお話しします!

左の表は出席番号、名前、性別、身長、体重、視力のデータです。

右の表は出席番号、名前、性別、身長、体重、視力の空欄です。

 

左の表を参照し、右の表にデータを表示させます。

具体的には、右の表に出席番号を入力するだけで、名前、性別、身長、体重、視力を表示させます。

わざわざ名前、性別、身長、体重、視力を入力する必要がないので、楽に作業することが可能です。

 

完成図

右の表には出席番号、名前、性別、身長、体重、視力が表示されています。

ただし、実際に入力したのは出席番号のみです。

 

サンプルデータを使って演習するとき、左の表は「A1~F29」の範囲右の表は「H3~M4」の範囲で作成してください。

 

VLOOKUPの式を作る

まずは名前の計算式を作ります。

黄色マーカー部「I4」に式を入力していきます。

「I4」にカーソルを合わせます。

 

タグ「数式」→「検索/行列」→「VLOOKUP」をクリックします。

 

VLOOKUP関数の入力フォームが出現します。

 

検索値「$H$4」、範囲「$A$4:$F$29」、列番号「2」、検索方法「FALSE」と入力し、OKを押します。

 

入力した出席番号を名前に反映させたいので、検索値には「$H$4」と入力します。

$は絶対参照です。

計算式をコピー&ドラッグした時に、式がズレるのを防ぎます。

ちなみに$はキーボードの「F4」を押すことで、付けることができます。

 

A4(出席番号の列)~F29(視力の列)の範囲を反映させたいので、範囲には「$A$4:$F$29」と入力します。

こちらも絶対参照($)で入力します。

 

列番号には「2」を入力します。

名前のデータは指定した範囲の左から2列目にあるからです。

 

検索方法には「FALSE」を入力します。

「FALSE」は同じ検索値がない場合「#N/A」(エラー)を表示させるという意味です。

深く意味を考えず、「FALSE」と入力しましょう。

 

OKを入力すると、名前欄に「#N/A」と表示されました。

出席番号に何も入力していないため、「#N/A」が出ます。

 

試しに、出席番号「1」を入力します。

すると名前に「Aさん」と表示されました。

計算式が正しい証拠です。

 

IF関数を使い、#N/Aを消す

先ほど確認した通り、出席番号未入力時、名前欄に「#N/A」と出てしまいます。

出席番号未入力時、「#N/A」が出ないようにすることも可能です。

IF関数を使うことで「#N/A」を改善できます。

 

以下の赤字(IF関数)を追記します。

=VLOOKUP($H$4,$A$4:$F$29,2,FALSE)

=IF($H$4=””,””,VLOOKUP($H$4,$A$4:$F$29,2,FALSE))

 

出席番号(H4)は未記入ですが、IF関数を使うことで、名前欄の「#N/A」を消すことができました。

 

式をコピー

先ほど書いた「I4」の式を「M4」までドラッグします。

 

式をコピーすると、全て「Aさん」と表示されます。

これは列番号「2」と入力されているためです。

なので、列番号を編集する必要があります。

 

性別の列番号を変更

まず性別欄(J4)の計算式を変えます。

 

性別は指定した範囲の左から3列目にあるので、列番号を「3」に変更します。

=IF($H$4=””,””,VLOOKUP($H$4,$A$4:$F$29,2,FALSE))

=IF($H$4=””,””,VLOOKUP($H$4,$A$4:$F$29,3,FALSE))

 

 

列番号を変更したので、性別に男と表示されました。

 

身長、体重、視力の列番号を変更

性別と同様に身長(K4)体重(L4)、視力(M4)の列番号を変更します。

 

身長の計算式

身長(K4)の計算式は以下のように変更します。

=IF($H$4=””,””,VLOOKUP($H$4,$A$4:$F$29,2,FALSE))

=IF($H$4=””,””,VLOOKUP($H$4,$A$4:$F$29,4,FALSE))

 

体重の計算式

体重(L4)の計算式は以下のように変更します。

=IF($H$4=””,””,VLOOKUP($H$4,$A$4:$F$29,2,FALSE))

=IF($H$4=””,””,VLOOKUP($H$4,$A$4:$F$29,5,FALSE))

 

視力の計算式

視力(M4)の計算式は以下のように変更します。

=IF($H$4=””,””,VLOOKUP($H$4,$A$4:$F$29,2,FALSE))

=IF($H$4=””,””,VLOOKUP($H$4,$A$4:$F$29,6,FALSE))

 

完成

性別、身長、体重、視力の列番号を変更したことで、正しくデータが表示されました。

 

試しに出席番号「20」を入力します。

こちらも正しく表示されています。

 

まとめ

くりまる
くりまる
以上、VLOOKUP関数の使い方を解説しました!

 

くりまる
くりまる
最後までご覧いただきありがとうございました!
さつま
さつま
最後までご覧いただきありがとうございました!