Wordの差し込み印刷で宛名ラベル作成!Excelのアドレス帳を活用!

くりまる
こんにちは!くりまるです!

Wordの差し込み印刷宛名ラベルを作る方法を解説していきます。

今回はExcelのアドレス帳を使って宛名ラベルを作ります。

完成図

目次

Excelのアドレス帳

Excelのアドレス帳はこんな感じです。

名前、郵便番号、住所があります。

これらの情報をWordに写し、宛名ラベルを作ります。

このExcelは名前を付けて保存しておきます。

差し込み印刷開始

くりまる
これからはWordのお話です!

タブ「差し込み印刷」→「差し込み印刷の開始」→「差し込み印刷ウィザード」を押します。

文書の種類を選択

文書の種類で「ラベル」を選択します。

次へ:ひな形の選択」をクリックします。

ひな形の選択

ラベル オプション」をクリックし、どのようなラベルにするか選びます。

印刷したいラベルメーカー製造番号を選びます。

選択したラベルのフォーマットが出てきました。

次へ:宛先の選択」をクリックします。

宛先の選択

参照」をクリックします。

先ほどのエクセルのデータを読み込みます。

Sheet1~3の情報が出てきます。

Sheet1にアドレス情報があるので、Sheet1を選び、OKを押します。

アドレス情報が出てきました。

OKを押します。

ラベルごとに「Next Record」という文字が出てきました。

差し込みフィールドの挿入

ラベルのどこに住所や名前を挿入するか選びます。

差し込みフィールドの挿入」をクリックします。

郵便番号、住所、名前を左上のラベルに挿入します。

郵便番号の前に「」、名前の後ろに「」と書きます。

名前を大きく表示したいので、名前を拡大します。

次:ラベルの配置」をクリックします。

ラベルの配置

すべてのラベルの更新」をクリックします。

郵便番号、住所、名前が他のラベルに挿入されました。

次へ:ラベルのプレビュー表示」へ押します。

ラベルのプレビュー表示

実際の郵便番号、住所、名前が挿入されました。

印刷

印刷」を押して、ラベルを印刷します。

まとめ

くりまる
以上、Wordの差し込み印刷で宛名ラベルを作る方法を解説しました!

通信講座ならオフィスを本格的に学べます→

くりまる
最後までご覧いただきありがとうございました!
さつま
最後までご覧いただきありがとうございました!
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる